0603

涼宮ハルヒの憂鬱 [ ANIME ]

涼宮ハルヒの憂鬱
5月29日に米国盤DVDが発売になった「涼宮ハルヒの憂鬱」。
日本で昨年大ヒットしたタイトルで、Fantasiumでも先週の新作の中ではダントツのトップだった商品。アメリカ国内でもかなりの人気商品らしく、各業界ニュースでも「注目の新作」としてフューチャーされている。
今回のVol.1DVDは00話から3話の4話収録。引き出しが付いてかなり凝った特製ボックス入りで特典の付いた限定盤と、DVDのみの通常盤がある。
写真にDVDが二枚写っているのは、2つのエディションとも撮影したため。右側が通常盤、左側が限定盤のDVD。ジャケットとピクチャー・ディスクのアートが通常盤と限定盤で違っている!日本盤DVDに倣ったようだが、アニメのDVDは通常、ボックス付限定盤と通常盤で全く同じDVDが付いているもので、それぞれ違った仕様にしているのはこれが始めてだと思う。

Read more »

0224

第2回ニューヨーク・コミコン [ ANIME ]

New York Comic-Con昨年に引き続き、New York Comic-Conに行ってきた。去年は最終日に行ったらもの凄い混雑で完全に圧倒されてしまった。今年のコミコンは規模が2倍になったばかりか土曜日の一般入場チケットは早々に売り切れと聞いていたので、初日に一番乗りで行く事に。
2月23日(金)〜26(日)の3日間の日程のうち、初日は10時から4時まで業者のみのトレード・ショーということで、金曜はいつもより早く出社して朝の業務を早々に済ませ、10時ぴったりに会場である34丁目のジャヴィッツ・センターに到着。
会場入口には既に長蛇の列ができていて、すごい人出だとビックリしていたら、なんとExhibiter(出展者)たちがまだまだ続々と受付を済ませていることろだった。出展者が今ごろ受付中とは随分のんびりしているものだ…。自分はProfessional(関係者)の受付に並び、バッジをもらって中に入った。

Read more »

0226

ニューヨーク・コミコン [ ANIME ]

NY Comic ConNew York Comic-Conに行ってきた。
2月24日〜26日の間、ジャヴィッツ・センターで開催されたニューヨーク初のコミコンで、本当は24日(金)の業者のみのトレード・ショウに行くべきだったのだが、この日は一日何かと忙しくて時間を作れず、土曜日は疲れ切っていて家でゴロゴロ。早くも最終日になってしまった。
既に2日連続で行ってきたというコミック業関係の友人から、「入場制限をするほどに混んでいた」とか「ものすごい人で身動きがとれないくらいだった」と聞いていたので、入り口で並ぶ覚悟をしていたのだが、事前に業者としてレジストレーションを済ませていたためカウンターでバッジをもらっただけで待たずにすぐ入場。
アメリカ最大のコミコンであるサン・ディエゴのコミコンと比べると、会場は10分の1ぐらいのスペースしかないが入場者数は同じぐらいと予想されているらしい。さすが、ニューヨーク。

Read more »

0206

東京国際アニメフェア・イン・ニューヨーク [ ANIME ]

anime_fair2006.jpgTokyo International Anime Fair in New York「東京国際アニメフェア・イン・ニューヨーク」に行ってきた。明日2月7日には、東京都の主催で「Tokyo Anime Festa」がグランドセントラル・ステーション内で行われることになっているが、それに先駆けて行われた関係者向けのトレードショーだ。ライセンサーやディストリビューター向けのイベントだから小売店は関係ないのだが、業界の動きは探っておきたいし、会場となったタイムズ・スクエアのMarriott Marquisホテルは会社をちょっと抜けて行ける距離だったので覗いてみることにした。
ホテル6階の会場内は、東京都による観光業のブースとアニメのブースが半々。会場の隅では、東京の観光案内映像を流してプレゼンテーションが行われている。アニメの方は、3月に行われる東京国際アニメフェアを一部持ってきたようなブースが並ぶ。参加企業はBandai Entertainment、Bandai Visual USA、TOEI(東映)、SUNRISE、 TEZUKA Productions(手塚プロダクション)、Studio 4℃、Sojitz(双日)、Tokyo Anime Center(東京アニメセンター)。日本から自社のアニメ作品をアメリカに売り込みに来たのだ。

Read more »

0123

Otaku Murderer [ ANIME ]

アメリカのアニメファンで「Miyazaki」という名前を知らない人はいない。言うまでもなく宮崎駿監督が有名だからなのだが、最近、もう一人の「Miyazaki」がまた話題に上るようになってしまった。連続幼女殺害事件の宮崎勤被告。先日、最高裁が上告棄却をしたことがニュースになったからだ。連続幼女殺害事件は、アメリカでは「Otaku Murderer」とも呼ばれている知る人ぞ知る事件だが、死刑が確定したことが話題になり、この事件を知るアニメファンが増えたのは間違いない。
アメリカ人のアニメファンは日本のニュース(英語版)を隅から隅までチェックしているようで、アニメに少しでも関わりがあるニュースは、すぐにこちらのアニメ専門サイトにアップされる。一般のニュースサイトや新聞紙面には載らないような宮崎被告の死刑確定というニュースも、アニメサイトでは大きなニュースになるといった具合だ。

Read more »

 1 2 >