0315

NY地下鉄事情:空港編 [ Journal ]

週末、アメリカの首都ワシントンDCに1泊2日で行ってきた。上の写真は美しいワシントンの地下鉄メトロ構内。歩いていて何かにぶつかりそうなほど暗いのだが、間接照明がなんとも落ち着く。ワシントンDCの街はニューヨークとは違って広い道路が整然と整備され、広々とした街だった。観光名所といえばホワイトハウスとワシントン記念塔とスミソニアンがある。

さて、ニューヨークからワシントンDCまでは飛行機で1時間ほど、アムトラックという列車で2時間半〜3時間ぐらい。私は飛行機を利用したのだが、ニューヨークでJFK空港に行くまでの地下鉄のいいかげんさには今さらながらちょっと驚いてしまった。これはブログに書かずにはいられないです。

マンハッタンからJFK空港に行くには、地下鉄のAラインで空港近くまで行き、その後エア・トレインに乗り換える。私はブルックリンに住んでいるのでブルックリンのホイット・スキューマホーンという訳の分からない名前の駅でAラインに乗ることにした。 Aラインが臨時でストップしていたりしないことも事前に確認して駅に行ったのに、ホイット・スキューマホーンの駅では「Aラインのロッカウェイ・パークビーチ行きは今日は運行していません」というアナウンスが、音声がむちゃくちゃ悪いスピーカーから流れている。ちょっと焦ったが同じAラインでもJFK行きは「ロッカウェイ・パークビーチ行き」ではなく「ファー・ロッカウェイ行き」。だから大丈夫なはず。

Read more »

0623

NY地下鉄通勤受難:ひさびさ。 [ NewYork ]

NY地下鉄通勤受難:ひさびさ。

昨日あんな投稿をしたからか、今日はひさびさにひどい目にあった。
マンハッタンからブルックリン行きのいつもの地下鉄で帰宅しようとしていたのだが、ブルックリンに入ってすぐのヨーク・ストリート駅で30分停車。車掌さんから何やらアナウンスはあるのだが、スピーカーが故障しているらしく、雑音だけで全く聞き取れない。
なんとか動き出したかと思ったら、次のジェイ・ストリート駅で、なんかおかしいとは思ったのだが…。
「ここから先は信号故障でブルックリン方面には行きません。この列車はマンハッタンに戻ります。」
というアナウンス。

乗った後で路線が変わることはあったけれど、逆戻りするケースはこれが初めて。思わず大笑い。
危ない危ない。ぼんやりしていたらマンハッタンに戻ってしまうところだった。
結局、駅を出てローレンス・ストリートとか言う見知らぬ駅まで行き、別の地下鉄路線に乗り、その後は歩いて帰った。
ニューヨーク地下鉄、時刻表はなくてもいいが行き先ぐらいは厳守してほしいものだ。


0622

ニューヨーク地下鉄七不思議 [ NewYork ]

ニューヨーク地下鉄七不思議

昨日ニューヨーク地下鉄を話題にしたので、日ごろから気になっている地下鉄の謎を書いてみた。

その1. 時刻表がない。
あるらしいのだが見た事がない。

その2. 24時間稼働している。
とは言っても時刻表がないのだからホントかどうか分からない。特に深夜は本数が減る。人々はいつ来るか分からない電車を長いこと待つ。

その3. 駅に時計がない。
時刻表がないぐらいだから時計ぐらいなくても不思議はない。

その4. 途中で全然違う路線に変わる。
例:「次の駅で、マンハッタン行きF路線からクィーンズ行きG路線に変わります」の一言で路線が変わる。そんな都合のいいことがどうしてしょっちゅうできるのか。

その5. 駅や電車がボロい。
地下鉄のシステム自体は超ハイテクなのにも関わらず、駅も電車も雨漏りがするくらいボロい。

その6. サマータイムの切り替え。
これも時刻表が無いので分からず。走行中の車両はどうなってるの?

その7. 乗客の食事の場となる。
コーヒーやサンドイッチは当たり前。ピザ、ハンバーガー、スープ、アイスクリーム、カップヌードル、牛丼、ケバブ、カレー、生野菜、不明な食べ物まで、乗客は周りを気にせずに食べる。
一時期、地下鉄内の飲食は危険なので罰金を課すという市の条例があったが、効果なしの様子。

映画に出てきたハイテクな管理センターが嘘のような不可思議な乗り物です。


0812

NY地下鉄通勤受難:豪雨編 [ NewYork ]

ブルックリン・ブリッジ今週も、ニューヨークらしい予期せぬ事態が起きてくれた。
水曜日の早朝、ニューヨーク周辺は雷を伴いながら一時間ほどの間に4センチ以上の集中豪雨に見舞われ、浸水したNY地下鉄は排水作業が間に合わずほとんどの路線で朝から半日ほど運行停止。通勤客への影響でニューヨーク周辺は大混乱となった。
私が朝の身支度をしながらラジオニュースを聞いていた時には、まだ地下鉄は止まっていなかったようだし、ブルックリンの自宅を出た時には空はすっかり晴れ渡っていたので、全く疑問を抱かずに地下鉄の駅に向かった。が、いつも利用しているFラインは運行停止中。それならば別の路線を試そうと、バスに乗ってRラインの駅まで行くがRも停止、そのままバスに乗り続けてA、Cラインの駅まで行くがそこでも停止中…。駅周辺は地下鉄に乗れなくて困り果てた人々がストリートに溢れている。
この時分からニュース報道では、「地下鉄は機能していないので家に居るように」と呼びかけていたらしいが、いちど外に出てしまうと、そういう情報は全くつかめない。地下鉄の職員も状況を全く把握していないので何の役にも立たず。とにかくマンハッタンまで行けば何とかなるかと、そのままバスに乗り続けてブルックリン・ブリッジの手前まで行き、橋を歩いてマンハッタンへと渡ることにした。

Read more »

0723

NY地下鉄通勤受難:パイプ破裂編 [ Journal ]

先週はなんとも疲れた1週間だった。まず日曜の夜、このブログを更新後にパワーブックを再起動しようとしたらクラッシュ。全く立ち上がらなくなってしまった。すぐさまFantasium のTech担当に相談、そのあと数日かけて診断とデータの移動作業をしてもらう。
その間、ホームオフィスでの仕事は会社で使っているMac miniを持ち帰っての作業となる。Mac miniは大きなお弁当箱ぐらいのサイズだから、持ち帰ることもできてこんなときは便利。これこそ、「風呂敷残業」。
水曜日午後6時ごろ、マンハッタン41丁目で地下に埋まっているスチームパイプが破裂し大爆発が起きた。Fantasium のオフィスは26丁目にあり、爆発現場とはちょっと離れているので全く影響はなかったが、この夜は地下鉄のダイヤが全面的に乱れた。
私が通勤に使っている地下鉄の路線は事故現場をかすりもしないのに、大幅な遅れが出て帰宅ラッシュ時間は大混雑。ホームで30分以上待っても電車は来る気配なし。駅にはどんどん人があふれていく。あきらめていったん駅を出て、ぶらぶらと近くの雑貨屋を巡って時間を潰し、また駅に戻ってしばらく待ってようやく来た電車に乗って帰った。

Read more »

 1 2 3 4 >