0527

「銀蝶」リージョン問題 [ Journal ]

「銀蝶」リージョン問題

5/19にリリースされた米国盤DVD「銀蝶渡り鳥」「銀蝶流れ者 牝猫博奕」。梶芽衣子の東映初主演シリーズで夜の銀座を舞台にした70年代女任侠ものだ。
リージョン・オールで発売になるという事前情報があったのだが、実際に出た商品はどちらもジャケ裏にはリージョン「1」のマークが印刷されている。
そこでディスクを再生してみたら一作目がリージョン・オール、二作目がリージョン1という結果。同時に出たシリーズでリージョンが違っているうえに、ジャケ裏の表記も不正確…。
米国盤DVDでは決して珍しいことでもないのですが。

このDVDのメーカーはSynapseという会社で、ほかにも名作邦画やカルト作品を数多く出している。例えば一昨年に出た超レアな「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」もその一つ。
その「恐怖奇形人間」のリージョンはというと、初回製造分のみがリージョン・オールで増版分はリージョン1に変更されて製造販売中という、こちらも込み入った状況だ。

で、リージョンが変更されることを事前に知ったDVD業者E社がSynapse からリージョン・オール盤「恐怖奇形人間」を買い占めてしまったらしい。
そのE社とFantasiumは長いつきあいがあり、お互いの事情もよく分かっているので、ウチはE社からリージョン・オール版を指定して「恐怖奇形人間」を仕入れすることが出来ているのだが。
そんな不可解なSynapseだが、ジャケット・アートがリバーシブルなのがいつも楽しみ。「銀蝶」シリーズも裏はポスター仕様のジャケが印刷されている。
ついでに裏のジャケの方もリージョンは「1」のマークが印刷されています。


1022

江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間 [ Journal ]


この夏もあっという間に終わってしまい、久しぶりに更新を…。
先日、久しぶりに会った知人から「江戸川乱歩の『奇形人間』て観た?どうだった?」と聞かれてビックリした。
「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」は、日本では禁断のカルト映画。それが8月にアメリカでDVD化され、日本でもかなり話題になっている。
映画マニアでも何でもないその知人もネットでこのDVDの事を知り、気になっていたらしい。
なにしろこの「恐怖奇形人間」は、まちがいなくFantasiumの今年のナンバーワン・タイトルで、この夏は「恐怖奇形人間」が大センセーションを巻き起こしていたのだ。(内容について詳しくは、「ディスク・レビュー」にて)

Read more »

1107

The Pinky Violence Collection [ News ]

The Pinky Violence Collection
11月15日にPanik House Entertainment から発売予定の“The Pinky Violence Collection”は、1970年代の東映プログラム・ピクチャーから、女主人公シリーズ4作品を集めたボックスセットだ。収録タイトルは、北原ミレイの同名曲の映画化「ズベ公番長 懺悔の値打ちもない」、女番長シリーズ「女番長ゲリラ」、恐怖女子高校シリーズ「恐怖女子高校 暴行リンチ教室」、そして池玲子の「前科おんな 殺し節」というすごいセレクション。さらにボーナスCDと24頁のブックレットが収録される。

メーカーであるPanik House Entertainment は、今年できたばかりのアジア系カルト映画専門のブティック・レーベルだ。タイ映画「ピー・サーム・バーツ」「オーメン 予兆」を皮切りに、東映の「不良姐御伝 猪の鹿お蝶」「やさぐれ姐御伝 総括リンチ」をリリース済。コアなファンをターゲットにした目のつけどころの良さに、これからの動向は目が離せないメーカーの一つ。社長のマシュー・ケネディは、なんと一年前までホラー&カルト専門メーカー、Blue Undergroundの社員だった。Blue Undergroundは以前Anchor Bayが出すDVDのための特典映像を製作していたスタジオなのだが、その頃からに居たというからカルトタイトルを知り尽くしているような人物だ。その社長自らが選ぶ今後のセレクションは、及川中監督「東京伝説 蠢く街の狂気」、石井輝男監督「ねじ式」「盲獣VS一寸法師」、すずきじゅんいち監督「砂の上のロビンソン」、犬童一心監督と山村浩二のアニメーションによる「伝説のワニ ジェイク」といったタイトルのDVD化を準備中ということらしい。

Read more »