0806

ブルーレイ普及率 [ News ]

先週の業界ニュースで、SONY Pictures社の上半期の業績に関して「ブルーレイは好調、映画は不調」というニュースを目にした。blu-ray_logo.gif
ハリウッド映画が数年にわたって低迷していることはもう誰もが知っていることだが、Blu-rayはどれだけ普及しているのだろう。
業界や調査会社の統計を見ていると、アメリカでBlu-ray再生機器を一台は持っているという家庭は全体の10%ほど。日本はおよそ15%のようだ。
ところがFantasium が先日行ったユーザー・アンケートでは、Blu-ray再生機を持っている人の割合は36%にも上っていた。そのうちだいたい半分はPS3ということだった。
さすが、Fantasium のユーザーは、アーリー・アダプターやコアなコレクターが多いのだろう。
また、ここ最近のアメリカでのソフト販売の割合は、スタンダードDVD vs. Blu-ray のシェアで言うと、DVD 92%、Blu-ray 8% という調査が出ている。
ところがFantasium では日米のリージョン統一の恩恵もあって、Blu-rayはそれ以上に好調だ。
Fantasium でのこの7月の販売を分析してみると、
DVD 82.3% Blu-ray 17% HD DVD 0.7% という割合になっている。

Read more »

0513

クライテリオン、KinoがBlu-rayリリース発表! [ News ]

5月13日付の「うわさのうわさ」にも掲載したニュース。criterion.jpeg
黒澤作品や他の名作を高いクオリティでリリースしているクライテリオンが、10月以降にBlu-rayの発売を開始することになった。
今のところ発表されているタイトル名は、
The Third Man“(第三の男)
Bottle Rocket“(アンソニーのハッピー・モーテル)*
Chungking Express“(恋する惑星)*
The Man Who Fell to Earth“(地球に落ちてきた男)
The Last Emperor“(ラストエンペラー)
El Norte“(エル・ノルテ/約束の地)*
The 400 Blows“(大人は判ってくれない)
Gimme Shelter“(ローリング・ストーンズ・イン・ギミー・シェルター)
The Complete Monterey Pop“(モンタレー・ポップ・フェスティバル完全版)
Contempt“(軽蔑)
Walkabout“(美しき冒険旅行)
For All Mankind“(宇宙へのフロンティア)
The Wages of Fear “(恐怖の報酬)
の13作品。*はクライテリオンDVDは未発売で、Blu-rayとDVDの同時発売になると予想される。
嬉しいことにBlu-ray価格はDVDに準ずるということなので、クライテリオンの標準価格である$39.95になる可能性大。
発売日やジャケット仕様など、今後の続報がとても楽しみ。ぜひクライテリオンらしい洗練されたデザインのケース仕様で出して欲しい。あの何か物足りない青いケースではなくて・・・。もちろん黒澤作品のBlu-ray化も切望!

Read more »

1203

Black Friday [ News ]

11月の第四木曜日に決まっているサンクスギビング・デーの翌日は、「Black Friday」(ブラック・フライデー) と呼ばれ、クリスマスまでのショッピング・シーズンの初日とされている。この日、量販店は早朝からオープンし、個数限定で人気家電製品を大セール価格で売り出し、クリスマス商戦を始める。
ブラック・フライデーという名前の由来は、買い物に繰り出す人々で道路が大混雑した様子から来ているという説と、この日から小売店は黒字に転換するからだという説がある。どちらにしても言葉の響きとは違って、経済的に良い意味があるのがこの日。
ブラック・フライデー商戦は年々過熱する一方で、朝4時のオープンなど当たり前といった感じで開店時間はどんどん早まり、300ドルのラップトップとか、600ドル割引のHDTVなど目玉商品を狙う人々がサンクスギビング・ディナーもほったらかしにしたまま、深夜から店の前に列を作るほどの熱狂ぶり。
日本の初売りみたいな様子だ。
さて、DVD業界でもブラック・フライデーの業績がニュースになっていた。気になるDVDの販売数は、去年のサンクスギビング・ウィークと比べて6%増加。
今年のサンクスギビング前週と比べると75%もアップ。
ハイデフの方は、サンクスギビング・ウィーク中の販売数のシェアは72.6%がBlu-ray、27.4%がHD DVDだったと発表されている。
一番の売れ筋は「ダイ・ハード4.0」Blu-ray盤で、すでに10万枚近く売れたとか。
また、ハードウエアの販売数は、去年のブラック・フライデーにはスタンダードDVDプレーヤーが70%を占め、ハイデフ・プレーヤーが30%だったのに対し、今年は半々の割合だったということだ。


0705

ハイデフ・プレーヤー値下げ [ News ]

hd_blu_logo.gif7月4日独立記念日は、朝からどんよりした空模様で夜には雨となり、外で過ごすには寒いくらいのあいにくの天気になった。
ニューヨークのJuly 4th(通常、独立記念日は単に「July 4th」とか「4th of July」と呼ばれる。)と言えば、老舗デパートのMacy’s がイーストリバーで打ち上げる派手な花火。それと、ホットドッグ。
花火は日本のものとは違って、とにかくガンガン打ち上げるダイナミックなもので一見の価値あり。
ホットドッグは、コニー・アイランドで毎年7月4日に行われるNathan’s のホットドッグ早食い競争のこと。昨年まで6年連続で優勝してきた日本の小林選手が今年はついに王座から脱落、アメリカ人が優勝した。これは今日のローカルニュースでトップニュースの扱いだった。
さて、7月1日付けでToshibaのHD DVDプレーヤーの定価が、ハイ・エンド機のHD-XA2を除いて値下げとなった。
今Toshiba のウェブサイトに掲載されている4機の価格は次の通り。
HD-D2: $279.99 HD-A2: $299.99 HD-A20: $399.99 HD-XA2: $799.99
業界誌によるとToshibaのDVDプレーヤは発売からおよそ1年で10万台を販売、今年4月に期間限定のような形で値引き販売したところ、一気に5万台が売れ、その結果、今回の正式な定価値下げになったということらしい。

Read more »

0613

「プラネットアース」ハイデフ売れ行き好調 [ News ]

プラネットアースBBC Videoから4月24日発売になった「プラネットアース」が、HD DVDと Blu-ray合わせて320万ドルの売り上げに達したと販売元のワーナーが発表した。この金額は小売価格の総額。「プラネットアース」は定価が$99.98とそもそも値段が高いが、割引を考慮してもおよそ4万2000枚が売れたことになるから記録的な数字だろう。
ちなみに、先日、10万枚以上の売り上げを記録したという「ディパーテッド」の場合、総額は280万ドルほどらしい。

Read more »

 1 2 3 4 5 ... 11 12 >