1203

Black Friday [ News ]

11月の第四木曜日に決まっているサンクスギビング・デーの翌日は、「Black Friday」(ブラック・フライデー) と呼ばれ、クリスマスまでのショッピング・シーズンの初日とされている。この日、量販店は早朝からオープンし、個数限定で人気家電製品を大セール価格で売り出し、クリスマス商戦を始める。
ブラック・フライデーという名前の由来は、買い物に繰り出す人々で道路が大混雑した様子から来ているという説と、この日から小売店は黒字に転換するからだという説がある。どちらにしても言葉の響きとは違って、経済的に良い意味があるのがこの日。
ブラック・フライデー商戦は年々過熱する一方で、朝4時のオープンなど当たり前といった感じで開店時間はどんどん早まり、300ドルのラップトップとか、600ドル割引のHDTVなど目玉商品を狙う人々がサンクスギビング・ディナーもほったらかしにしたまま、深夜から店の前に列を作るほどの熱狂ぶり。
日本の初売りみたいな様子だ。
さて、DVD業界でもブラック・フライデーの業績がニュースになっていた。気になるDVDの販売数は、去年のサンクスギビング・ウィークと比べて6%増加。
今年のサンクスギビング前週と比べると75%もアップ。
ハイデフの方は、サンクスギビング・ウィーク中の販売数のシェアは72.6%がBlu-ray、27.4%がHD DVDだったと発表されている。
一番の売れ筋は「ダイ・ハード4.0」Blu-ray盤で、すでに10万枚近く売れたとか。
また、ハードウエアの販売数は、去年のブラック・フライデーにはスタンダードDVDプレーヤーが70%を占め、ハイデフ・プレーヤーが30%だったのに対し、今年は半々の割合だったということだ。


1202

初雪 [ NewYork ]

厳密にいえばこの冬何回目かの雪だけれど、自分の目でちゃんと確認したのはこれが初めて。
先週末には落ち葉でいっぱいだったストリートに、うっすらと雪が積もった。

先週の風景 (左) と、この週末の風景 (右)。
紅葉した葉がまだ残っているところに雪が降るなんて珍しい。
暖冬だと言われていて油断していると、そのうちニューヨークには必ず厳しい寒さがやって来る。