1031

「ハルヒ」第4巻・一挙入荷 [ Journal ]

予定より一日早く、人気アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」第4巻 (11月6日発売) 入荷!
入荷が遅れることが珍しくない米国盤だが、予定より早い時もあるのだ。
「ハルヒ」はこれで最終巻になったが、同シリーズのように爆発的ヒット商品は予約オーダーが極めて多い。他のアニメの5倍や10倍の予約数になるのだ。
新作は発売日の前週の水曜か木曜にまとめて届くので、その日は膨大な作業が待っている。
商品の入荷から発送までのシステムは、大まかにこんな感じだ。
1. UPSによって段ボール箱に入った商品が配達される。箱を開封しながら、商品状態と数をチェックしていく。
2. 商品のバーコード部分を専用リーダーでスキャンする。同時にコンピューターが商品を該当オーダーに割り当ててゆく。
3. オーダーが発送可能になると (つまり一件のオーダーの商品がすべて揃った段階) コンピューターがそれを教えてくれるので、USPS、EMS、Fedex、ディスク保護の有無によって分別し、コンテナに入れて梱包担当にまわす。
4. 梱包担当がオーダー内容と商品を確認し、エアバブルに包んだあと箱詰めして梱包。
5. 梱包した小包は一ヶ所に集められ、十数個づつ、さらに大きな段ボールに入れられる。
6. USPSの担当がそれらの段ボールをピックアップする。
今日は午前中には商品が届き、夕方までかかって、大量の「ハルヒ」をステップ3まで完了させた。今週の残りの2日で (場合によっては週末もかけて) ステップ4以降が行われることになる。

Read more »

1031

ハロウィン [ NewYork ]

アメリカ人が日本の「てるてる坊主」を見ると、「お化けだ」と思うらしい。
街路樹にぶらさがっていた、てるてる坊主らしきもの。実はハロウィンのお化け飾り。
体に書いてある「BOO」は、人を突然おどろかせる時のきまり文句。日本語の「ワッ!」と同じだ。
今日はハロウィン。
仮装して会社に出るのが当たり前の日。朝の出勤時には、ビルのセキュリティ係のサムがブタのお化けのマスクで迎えてくれた。
変な顔のかぼちゃもガイコツも、ハロウィンの風景。
Happy Halloween!


1028

キューブリック続報・更新について [ Journal ]

Good news.
10月23日発売のキューブリック5作品で、最後まで入荷が遅れていた「シャイニング」Blu-ray盤の出荷確認が取れる。週明け早々には入荷の予定となった。
ところで、今回発売の「アイズ・ワイド・シャット」だが、2枚組DVD、Blu-ray、HD DVDすべて、
・アメリカ公開R指定版 (編集版)
・Unrated版 (無編集版)
の2つのエディションが収録される予定だった。商品ジャケット裏にもそう書いてあるのだが、実際に収録されているのは、全フォーマットともUnrated版のみ。
(ジャケットは仕様が確定してから印刷して欲しいものだ…)
アメリカ公開時には、秘密クラブでの乱交パーティシーンで、キワドイ部分を見物人によってうまく隠すよう編集されていた。そうしないとレーティング指定でR指定にならなかったからだ。
R指定というと、いかにも「成人向け」というイメージだが、実際にはそれよりもっと過激なレベルの「NC-17」がある。ただし大手配給元から全米公開するには、「R指定」がぎりぎりの線なのだ。(レーティング・システムについて詳しくは「This Film is Not Yet Rated」レビューで書いている。)
ちなみに、日本で公開されたのはUnrated版。
アメリカ公開R指定版を観たければ、過去に発売されたDVD (2000年に出た最初のエディションと2001年の「New Kubrick Collection」盤) で観るほかないが、残念ながら廃盤になっている。
私はどちらも観た。R指定版は編集の意図が見え見えで、その点では面白いが、映画として観るならUnrated版に限る。

Read more »

1025

キューブリック作品ハイデフ [ Journal ]

遂に発売、スタンリー・キューブリック監督の5作品のハイ・デフ・ディスク!
ワーナーから10月23日、HD DVDとBlu-rayの両方で、「2001年宇宙の旅」「時計じかけのオレンジ」「アイズ・ワイド・シャット」「シャイニング」「フルメタルジャケット」が出た。
今日、ようやく「2001年宇宙の旅」Blu-ray盤を手にした。
冒頭の、あの「人類の夜明け」のところだけ観てみたところ…画質の素晴らしいことに、うれし泣きしそうなほどだった。
なにしろファンの中にはこの映画を観るために、ハイデフ・プレーヤーを買う人や、ホームシアターを持つ人もいるような傑作中の傑作。
Blu-rayの画質は、想像以上にすごかった。
何だろう、あの臨場感は。
冒頭のカットでは、太陽が、まるで本物のように眩しかった…。

Read more »

1022

江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間 [ Journal ]


この夏もあっという間に終わってしまい、久しぶりに更新を…。
先日、久しぶりに会った知人から「江戸川乱歩の『奇形人間』て観た?どうだった?」と聞かれてビックリした。
「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」は、日本では禁断のカルト映画。それが8月にアメリカでDVD化され、日本でもかなり話題になっている。
映画マニアでも何でもないその知人もネットでこのDVDの事を知り、気になっていたらしい。
なにしろこの「恐怖奇形人間」は、まちがいなくFantasiumの今年のナンバーワン・タイトルで、この夏は「恐怖奇形人間」が大センセーションを巻き起こしていたのだ。(内容について詳しくは、「ディスク・レビュー」にて)

Read more »