1130

暖冬&花より男子 [ NewYork ]

11月も終わるというのに気持ち悪いほど暖かい。今日は日中の気温が摂氏20度にまで上がった。11月のニューヨークでコートが必要ないなんて、初めて。
暖かさにつられて出勤前に公園の散歩でもと、朝、オフィス近くのマジソン・スクエア・パークをぶらつく。と、この公園では珍しくもないことだが、映画かテレビのロケをやっている様子。やじ馬気分で近くまで行くと、何だかよくあるロケ現場とはちょっと様子が違う。撮影クルーは日本人ばかり。カメラの前にはアイドルタレント風の日本人男女がスタンバイしている。

Read more »

1130

ホリデー・ショッピング [ News ]

サンクスギビング(11月の第四木曜日の感謝祭)の翌金曜日は「ブラック・フライデー」と呼ばれ、小売り店が一斉にセールを開始、クリスマス商戦がスタートする日だ。日本の初売りの如く、お店は午前5時や6時にオープン。お買い得品を狙う客が押し寄せていく。
今年のホリデー・ショッピングでの人気商品はフラットパネルのHDTV。第4四半期で去年の倍の320万台の販売が見込まれている。アメリカは日本よりHDTVの普及が遅れていることは街の電器店に入ってみただけで一目瞭然だが(日本と比べると一昔前のタイプのTVが主に陳列されている)、ようやくHDTVがブームになりつつあるのだろうか。
ところで、先日発売になったPS3の実際の出荷数は、SONYが発表している40万台を大幅に下回る15万〜25万台だったという見積もりが出ていた。オークションで1万5000ドル(約175万円)の値が付いたとか。ゲームファンは必死だ。Blu-rayをちょっと見たいから買ってもいいかな、などと思っていたって自分がPS3を買える日などなかなか来ないだろう。


1127

サンクスギビング・ホリデー [ NewYork ]

Thanksgiving Day(感謝祭)のホリデー・ウィークエンドもあっという間に終わってしまった。
23日のサンクスギビング・デーには、ロングアイランドの友人宅でターキー(七面鳥)をはじめ典型的なアメリカのサンクスギビング・ディナーをご馳走になってきた。
メニューはというと、
・オードブル
オードブルテーブルには、サラミ、オリーブ、野菜スティック、チーズ、クラッカー、チップス、ナッツ類が並ぶ。
・ロースト・ターキー
これぞサンクスギビングの主役。20パウンド(約9キロ)もある特大のターキー5時間半、温度調節をしながらオーブンで焼いたそうだ。甘酸っぱいクランベリーソースとグレービーソースがつく。ゲストのためにターキーをスライスするのはお父さんの役目。
・スタッフィング
インゲン豆などの野菜をゆでて味付けしたものにフライド・オニオンを散らしたサイドディッシュ。ターキーの内臓をくりぬいたところにスタッフィングして調理する方法もある。
・マッシュポテト
ヤム・ポテト(アメリカのサツマイモみたいなお芋)をマッシュポテト状にしたものに、マシュマロをのせてオーブンで焼いたもの。
・コーン・ブレッド
セロリなどが入った南部風コーン・ブレッド。
・デザート
デザートにはピーカン・パイ、パンプキン・パイ、アイスクリーム。ホイップクリーム付。
散々食べた後は暖炉を囲んで夜遅くまで楽しいおしゃべりの時間。

Read more »

1120

PS3、Xbox 360発売 [ News ]

PS3もXbox 360も先週、予定通り発売になった。
マンハッタンのSony Style Plaza では、雨続のなか発売を待つ人の列ができ、一番乗りの人は4日間も並んでいたそうだ。11月17日午前12時きっかりに発売開始、入店制限があったが400人ほどがPS3を真っ先に手にすることができたらしい。同じようにこの日を待っていた人々が全米でキャンプ用のテントを張って頑張っていた。
今回のPS3の出荷数は40万台で、各大型電器店での初期入荷数は10台以下からせいぜい数百台という激しい競争率だったお陰で、すでに何倍もの値段でオークションに出回っている。ただし今年中にはさらに100万台の出荷が予定されているようだ。

Read more »

1119

サンクスギビング間近 [ Journal ]

11月23日のサンクスギビング(感謝祭)の祝日が近づき、何となく誰もが楽しそうにしている様子の今日この頃。自宅にはショッピング・カタログが毎日数冊届くようになり、帰宅してメールボックスを開けるなりどっさりカタログが飛び出してくる。これから年末まで、アメリカはショッピング狂になる。
11月の第四木曜日のサンクスギビング、12月25日のクリスマス、そしてニューイヤーと、楽しく飲んだり食べたする機会は大好きなのだが、油断しているとあっという間に仕事を溜めてしまうのもこの時期の怖いところ。アメリカ人はみな休みを取るので、すべての動きがスローになってしまう。その雰囲気に乗ってちょっとのんびりしていると、気がついたら年が明けて1月も終わり、企業決算のシーズンになって大慌てする羽目になる。

Read more »

 1 2 >